ゲームのクレジットタイトルに名を刻む魅力

ゲームは、映画に並ぶエンターテイメントとして、地位を築いてきた。その表現能力は、時として映画を凌駕する時もある。デジタル技術の発達と共に、娯楽の中でも代表的な存在となっている。この魅力的なエンターテイメントの業界に憧れを持って、仕事を選ぶ若者がいる。確かに、この業界で生き残っていくのは厳しいものがある。次々と新しい技術を身につけなければならず、エンジニアとして仕事を続けるには勉強が不可欠となる。

しかしそれでも、この仕事を続けたいと考えるエンジニアたちは多い。ゲームエンジニアにとっての魅力の一つは、作品のクレジットタイトルに名前を記すことにある。作品には、スタッフロールなどの形で、開発に関わったスタッフたちの名前が表示される。プレイヤーであれば、感動した作品について製作スタッフの名前を知っていることも多い。そうしていつか、自身もこのようなクレジットタイトルに名前を記したいと考える。

クリエイターにとって、世の中の多くのプレイヤーたちに知られる存在となるのは、気持ちがいいものである。現実には、ゲーム開発は大変ではある。開発では納期に追われて、スケジュールが大変な場面も多い。それでも、クレジットタイトルに名前を記すことを目標として、開発の仕事が続けられている。自身の名前が作品に刻まれるだけに、責任を持って開発に打ち込む必要がある。こうして関わった作品がもしヒットすれば喜びも非常に大きいため、ゲーム開発のやりがいを実感できるのだ。

Leave a Reply